high time と about time の違いについて【サウンド・オブ・ミュージック】

ゲオルグ・フォン・トラップ大佐が「エーデルワイス」を歌い終わるやいなや、エルザが「パーティーを開いてこの屋敷を音楽で満たしましょう(Let’s really fill this house with music)」と提案します。

その直後のセリフから、本日は英語のボキャブラリーを勉強してみたいと思います。




high time と about time の違い

I think it’s high time I met all your friends here in Salzburg and they met me.
(そろそろわたしをザルツブルグのあなたのお友達と会わせてくれてもいい頃じゃないかしら)

ここで注目したいのがこの熟語。

it’s high time 〜 = そろそろ〜すべき時

未来のことを語っているのに「I met all your friends」と、後に続くセンテンスの動詞が過去形なので、混乱するかもしれませんが、「it’s high time」は「もうとっくに〜しててもいい頃だ」というニュアンスの熟語なので、その後にくるセンテンスの動詞は仮定の過去形がくるということです。

この high time という熟語、似たような意味で about time という言葉があります。

このふたつ、意味がほとんど同じだと言われていますが、いろんな映画で用例を確認してみると、どうも違いは明らかに思えます。

いわゆる、この2つの熟語、以下のように訳せる場合が多いんですね。

high time = もうそろそろ〜してもいい頃だ
about time = やっと〜した

あと、私の感覚ですが、 high time は、「ずっと前からその下地があって、今こそその下地を現実に反映させるべき」といったニュアンスがありますね。

映画『1941』より
The army gave me a gun. I think it’s high time we used it.
(兵隊が銃をくれたんだ。今こそ使うときじゃないか)

上の例は、前に兵隊に銃をもらっていた、という下地があり、目の前の混乱を機に、今こそ使うべきとき、と言っているセリフ。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』より
We got ourselves a new courthouse. It’s high time we had a hanging!
(俺たちがこの町の法だ! さっさと絞首刑といくぜ!)

上の例は、前からこの町で好き勝手やっていた、という下地があり、こんなことだってやろうと思えばやっちゃえたんだ、今こそやっちゃおう、と言っているセリフ。

映画『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』より
It’s clear you suffer from a low self-image. And it’s high time you get it fixed.
(あなたは自分を卑下しすぎてるのよ。今こそ自分を変えるときだわ)

上の例は、「本来のあなたはとても素敵な人だから、今こそその素敵な自分に合わせて自信を持って」と言っているセリフ。

どれもずっと前からその下地があって、その下地を踏まえて、「今こそ〜すべき時だ」と言っているのがわかりますね。

対して、it’s about time の用例は、短いスパンで考えた上で「やっと〜だ」という意味で使われることが多い気がします。

映画『デス・プルーフ』より
it’s about time!
やっとだぜ!)

上のセリフは、かなりしつこく追い回された男が、追っ手を振り切った直後に、「やっと逃げられた」という気持ちを表して放ったセリフです。
やはり数十分の出来事の中での「やっと〜」ですね。

映画『トイ・ストーリー』より
Local law enforcement. It’s about time you got here.
(地方警察。やっと来てくれたのか)

※下の動画の1:13からのセリフ

上の例も、宇宙飛行士(の人形)が遭難して、助けを呼んでから、数分後に放ったセリフです。

確かに about time は短いスパンでの出来事を指して「やっと〜」と言う場合が多いですね。

また、it’s high time をインターネットで調べたら、「it’s about time の古い表現」と言っている人がおりました。

確かに上にあげた用例も、第二次世界大戦中だったり、西部開拓時代だったり、古い用例が多いですね。
現代の映画でもたまに使われているのをみるので、決して現在は使われない表現、というわけではないと思いますが、it’s about time と比べて使われる頻度はかなり低いのは確かなようです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。