映画で英語勉強ノート一覧

映画を使って英語の勉強をした学習ノートから、英会話に役立ちそうなボキャブラリーを中心に、ためになる情報、おもしろいエピソード、気がついたことなどを、ブログに綴っています。いろんな映画からセリフを引用し、英文には私が訳した翻訳がついています。たまに映画以外のコントやテレビ番組や洋楽の歌詞などもとりあつかっています。どうか皆様の英語の勉強に役立ててください。

「古株」「そのようだな」「まったりする」を英語で?【パルプ・フィクション】

前回に引き続き、マーセルス・ウォレスがボクサーのブッチに八百長試合の話しを持ちかけるシーンの後半から、「古株」「そのようだな」「まったりする」などの英語表現をピックアップして解説しました。前回より勉強になる度は高めです。

「〜であふれている」「余命いくばくもない」を英語で?【パルプ・フィクション】

マーセルス・ウォレスがボクサーのブッチに八百長試合の話しを持ちかけるシーンの、マーセルスのセリフから、「〜であふれている」「余命いくばくもない」などの英語表現を解説。ついでにワインとお酢の喩え話しの元ネタをご紹介しています。

Science Fiction, Double Feature(サイエンス・フィクション/2本立て)の歌詞(和訳)で英語の勉強?【ロッキー・ホラー・ショー】

名作カルト映画の冒頭に流れるテーマ曲『Science Fiction, Double Feature(サイエンス・フィクション/2本立て)』の歌詞を私の和訳付きで紹介しています。英語のボキャブラリーよりは引用されているカルト映画の解説がメインって感じです。

Something That I Want(サムシング・ザット・アイ・ウォント)の歌詞(和訳あり)で英語の勉強【塔の上のラプンツェル】

エンディング・テーマ曲『Something That I Want(サムシング・ザット・アイ・ウォント)』の歌詞を解説しています。あまり難しい英語のボキャブラリーはありませんが、抽象的な表現を解釈する練習には最適な一曲かも。